大阪城天守閣視察レポート

新メニューの『地域観光視察レポート』が始まります!

観光を専門とする中小企業診断士で構成している合同会社観光ビジネス研究会では、毎月、外部参加者を募集して地域の観光地を視察し、視察終了後、参加者に記入いただいたアンケートを集計して、観光ビジネスの専門家の視点から、SWOTを活用した現状分析を実施し、課題を抽出して、具体的な提案を実施しております。

今回、第1弾として、大阪城天守閣の視察を取りあげます!

視察日時:12月16日(日)9:30〜11:00 曇り

視察場所:大阪城天守閣

DSC05328 - コピー.JPG

以下、視察アンケートを集計結果です。

●大阪城天守閣を観光して、良かったと思う点(強み)は、何でしょうか?

・抜群の知名度がある。

・外国人観光客が多い。

・駅から近い。

・天守閣が壮麗な概観である。

・8階から大阪の町並みや周辺の山々が一望できる。

・朝鮮出兵時のことを抑えてあるのは良い(逆の見方もあるが)。

・天守閣回りの広大な公園となっており、すがすがしい、天守閣が大阪観光のシンボル的存在。

・豊城園の「きつねうどん」は割合良かった。

・試着体験は外国人観光客や子供にとって楽しい。

・金のシャチホコがきらびやかで良い。

・シアターで学べる

●大阪城天守閣を観光して、駄目だと思う点(弱み)は、何でしょうか?

・6階〜8階(展望台)まで階段しかなく、一部バリアフリーがなっていない。

・外国人向けのサービス(音声ガイド等)が充実していない。

・音声サービスなどの案内がわかりにくい。

・1つ1つの展示物の説明が細か過ぎてわかりにくい。

・土産物でこれというものがない。

・シアターは最初に見せるべき。

・5階に到着早々、悲惨な夏の陣の展示をしていること。

・食事場所に選択肢が少ない。

・駅が遠い。

・冬は寒い。

・足腰にこたえる。

・天守閣までの道案内が分かり辛かった。

●大阪城天守閣を観光して、もっとこうして欲しいという点(機会)は、何でしょうか?

・歴史的展示を晴れやかなことからすべき。

・コンセプトが不明確であり、明確化した方が良い。

・音声ガイドは味気なく、充実した方が良い。

・からくり映像の発想は良いが、待たなければ見られないので、随時見られるようにすべき。

・外国人観光客向けのサービス(試着体験・音声ガイド・外国人が喜ぶ土産等)を拡充した方が良い。

・外国人観光客向けの土産があった方が良い。

・土産・飲食施設がもっとあった方が良い。

・大阪の歴史を訴求して欲しい。

・大阪市立博物館を活用した方が良い。

・案内文を一言で表すなど、わかり易くして欲しい。

・近隣の公園の一角に大阪の伝統的な物産・飲食が味わえる○○村のような施設があれば良い。

・弁当売り場を探している観光客がいた。

・体験サービスを増やして欲しい。

・天守閣へ行くまでの案内看板などに工夫をして欲しい。

・現行の入場料600円を1,000円にしても良いので、健全な経営環境を整えて欲しい。

●大阪城天守閣を観光して、今後こうなったら困るという点(脅威)は、何でしょうか?

・大阪の高層建物が増えて見晴らしが悪くなること。

・混み合って並ぶ状態になったら困る。

・経営難による閉鎖(倒産)

下記、天守閣内にあった金のシャチホコと虎です。

DSC05353.JPG

以下、観光ビジネスを専門とする中小企業診断士による課題の抽出と提案です。

●課題

・抜群の知名度がある中で、展示コンセプトがわかりにくく、外国人観光客ターゲットに対してのサービスが必要である。

・駅から徒歩15分以上かかり、天守閣までの道案内がわかりにくいなど、アクセス面の改善が必要である。

・天守閣内外に、大阪の伝統的な土産・飲食サービスの拡充が必要である。

●提案

・大阪城の歴史や豊臣秀吉のことを外国人観光客向けに、さらにわかりやすく明示すること。

・案内板表示をわかりやすくするとともに、駅から天守閣までの小型送迎車のサービスを提供すること。

・旧大阪市立博物館を『天下の台所ミュージアム』に改名し、おしゃれなイメージで飲食施設や伝統的な食体験サービスを設営すること。

下記、旧大阪市立博物館(閉鎖中)です。

DSC05327 - コピー.JPG

▲このページのトップに戻る