2016年版 観光ビジネス未来白書

 「観光ビジネス」を分類して、その分野別の「現状」と「未来戦略」を、見開きでわかりやすく記述し、全体像を明らかにしています。「現状」では最新データに基づく業界の実態を分析し、「未来戦略」では観光ビジネスのコンサルタントによる分析を加えています。近未来の事業方向性や経営戦略について的確な提案を行う形式で、観光ビジネスの発展をサポートすることを意図しています。 

 2016年版では、インバウンド、民泊、DMOなどの注目されている分野の内容も取り上げており、時節に沿った内容となっています。

 観光ビジネス関連企業の方、観光振興による地域活性化をめざす自治体の方、観光学を学ぶ学生、観光関連機関の研究者、観光の発展に興味をお持ちの一般の方に、ぜひお読みいただきたい1冊です。



目次
第1章 世界と日本の『観光』の状況
hakusyo2016mini.jpg

第2章 観光ビジネス(62分野)の現状と未来戦略
(1)旅行関連観光ビジネス
(2)宿泊関連観光ビジネス
(3)運送関連観光ビジネス
(4)サービス関連観光ビジネス
(5)まちづくり関連観光ビジネス
(6)レジャー関連観光ビジネス
(7)飲食・土産観光ビジネス
(8)教育関連観光ビジネス
(9)注目の観光ビジネス

 

 


 

出版社  同友館
判型 B5判
定価 2,700円 (本体2,500円+税)
ISBN  9784496051944

お申込みは、下記のフォームからお願いします。

当社書籍を送料無料でご購入いただけます。ご希望の方には『観光の窓口』のオリジナルサービスとして、著者サインを入れることもできます。代金決済方法は 銀行振込のみ(振込手数料お客様負担) となります。振込先の銀行口座は三井住友銀行です。お申込みの後、詳細を案内いたします。
特定商取引に関する法律に基づく表記

▲このページのトップに戻る