プリンセス・クルーズ、2013年は「大成功」

 プリンセス・クルーズはJATA旅博2013の会場内で記者会見 をおこない、2013年のクルーズの成功とJATAツーリズム大 賞運輸部門優秀賞の受賞について報告しました。

 受賞については、日本の消費者への新しい旅スタイルの提案に加え 、インバウンドへの功績も評価されたという。

 カーニバル・ジャパン木島社長は、「旅行会社や各地の港湾関係者 の協力のもとに、日本でのクルーズ市場の開拓という新たな試みが 大成功に終わった」と述べ、約半数の乗客から得たアンケート結果 では、約80%が「また乗船したい」、約75%が「他の人にも勧 めたい」と回答するなど、顧客満足度が非常に高かった報告しまし た。

 特に、充実した日本語サービスや、外国人乗客が多くインターナシ ョナルな雰囲気に魅力を感じたという声が多く寄せられ、バラエテ ィに富んだ食事も好評で、2014年度はアンケート結果を踏まえ 、より日本市場にあったクオリティの高いサービスを提供していく 考えです。

 プリンセス・クルーズは、2014年4月から10月までの半年間 に、サン・プリンセスとダイヤモンド・プリンセスの2隻体制で、 乗客数10万人規模の日本発着クルーズを運航、横浜、神戸、小樽の3つの港を拠点に42航海を予定しています。(トラベルビジョンより)

 好調なクルーズの進展に合わせて、各クルーズ会社は大規模な改装や調度品の入替え、インターナショナルカフェや野外バーベキュー施設新設などのリニューアルに力を入れています。魅力度がアップすればさらにクルーズの人気が高まりそうです。

(2013年9月21日)

▲このページのトップに戻る