ドコモが、第1種旅行業「dトラベル」を申請

 NTTドコモは、JTBと業務提携して宿泊予約や観光情報、グル メ情報の提供など旅行の計画から旅行中までを対象としたサービス 「dトラベル」を開始します。

 dトラベルは、JTBの約1万1000軒の国内宿泊施設について 予約機能を提供するほか、ドコモがウェブサイトの構築や顧客基盤 を活用した販売を担い、JTBが旅行関連の商品の企画と提供、サ プライヤーへの対応などを行います。

 また、単純な宿泊予約サービスだけでなく、独自機能として利用者 の気分や目的に合わせた旅行プランを提案、観光スポット3万件、 ご当地グルメ4000件の情報を集約しており、これを組み合わせ て約1000本の「おすすめ旅」を表示するようにします。

 このほか、旅行中にも宿泊施設周辺の観光スポットや、dトラベル による「レコメンドコース」を提案、「ドコモ地図ナビ」サービス のスマートフォン用アプリと連携し、旅行プランの作成や旅行先でのナビゲーション機能を利用することもできます。

 dトラベルの利用はドコモの契約者に限定せず、他社のスマートフォンやタブレット端末、パソコンからも利用できるようにして、決済は「ドコモケータイ払い」とクレジットカード、現地決済に対応します。

 ドコモは今回のサービス提供に合わせて第1種旅行業登録の申請を進めており、今後は2014年度中を目処にパッケージツアーや海外旅行分野でのサービス提供をめざします。(トラベルビジョンより)

 旅行ビジネスと通信ビジネスが協力して、これまでなかった新しいタイプの旅行事業を展開します。異業種による旅行業進出として注目したいところです。

(2013年10月12日)

チェック

▲このページのトップに戻る