沖縄・慶良間諸島が31番目の国立公園に

 中央環境審議会は、沖縄県の慶良間諸島と沖合7キロメートルまで の海域を新たに国立公園に指定することを了承し、石原環境大臣に 答申しました。「サンゴの日」として知られる来年3月5日に「慶良間諸島国立公 園」として指定され、3月8日に那覇市で記念式典が開かれます。

 慶良間諸島 は沖縄本島 の西方、那覇市 沖にある大小30の島からなり、サンゴ礁の生態系とザトウクジラ の繁殖海域などが高く評価されました。面積は9万ヘクタールを超 え、サンゴ礁が多い水深30メートルよりも浅い沿岸部は開発規制を強化し、重点的に保護します。国立公園の新規指定は、1987年の北海道 ・釧路湿原 以来27年振りで、31番目の国立公園となります。(日本経済新聞)

 沖縄県の慶良間諸島は、サンゴ礁とザトウクジラの生息地であり、美しい自然を大切に守っていますが、その慶良間諸島が国立公園に指定されることは大変意義深いことです。貴重な自然遺産として、この周辺地域をきちんと後世につなげなければなりません。

(2013年12月26日)

チェック

▲このページのトップに戻る