旅館の「営業状況等統計調査」の状況(2012年度)

 日本旅館協会は、会員旅館の2012年度の経営実態を示す「営業状況等統計調査」の結果をまとめました。総売上高、宿泊人員ともに、「大旅館」(100室以上)は前年度の実績を上回っていますが、「中旅館」(31〜99室)と「小旅館」(30室以下)は下回っています。

 日本旅館協会の会員(大旅館48軒、中旅館106軒、小旅館82軒)の調査で、経常利益は、黒字が140軒(構成比59.3%)、赤字が96軒(同40.7%)、旅館当たりの総売上高は、大旅館18億8575万円(前年度比16.7%増)、中旅館6億4855万円(同7.5%減)、小旅館1億7196万円(同12.0%減)となっています。

 日帰り客や付帯事業などの売り上げを含めない宿泊客1人当たりの宿泊料売り上げは、大旅館1万2982円(対前年比6.8%増)、中旅館1万3084円(同0.9%減)、小旅館1万3314円(同9.9%減)、また、定員稼働率は、大旅館36.5%(対前年比2.1ポイント増)、中旅館33.3%(同2.4ポイント減)、小旅館28.3%(同2.6ポイント増)となりました。

 宿泊予約の経路の構成比は、旅館の規模を問わない平均値で、旅行会社経由55.2%、ネットエージェント経由13.1%、自社サイト6.8%、残り24.9%が直接販売、なお、宿泊人員に占める外国人の割合は3.4%で、大旅館4.0%、中旅館1.8%、小旅館7.9%、地域別では、北海道15.3%、関西4.4%は高いものの、他の地域は1.0〜2.4%の範囲にとどまっています。(Kankokeizai)

 宿泊予約は、旅行会社経由が55.2%、ウェブサイト経由が19.9%、直接販売が24.9%となっており、旅行会社経由が相対的に減少し、やはり、ウェブサイト経由の予約割合が伸展している状況です。

 

(2014年4月14日)

チェック

▲このページのトップに戻る