アジアにおける日本の人気観光地は東京と北海道

 日本、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポールでマーケティング業務を展開するアウンコンサルティングは、独自調査の「アジアにおける、日本の人気観光地・検索数トップ5」を発表しました。(Travel vision)

 アジアの10か国・地域(韓国、中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、フィリピン)において、北海道、日光、東京、鎌倉、箱根、伊勢、京都、大阪、広島、沖縄の10ヶ所について昨年6月から今年5月まで、現地での検索数を集計しました。

 調査の結果、東京は中国、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピンの5ヶ国で1位を獲得、韓国、台湾、タイ、シンガポールで2位、北海道は台湾、香港、タイ、シンガポールの4ヶ国で1位、中国で2位と、ベトナムを除く全てにおいて5位以内にランクイン、韓国では沖縄が1位となりました。

 東南アジアなどにおいて日系百貨店などが定期的に北海道物産展を開催した結果、北海道に対する注目度が上昇してきていると指摘、特にシンガポールなどでは北海道の食がブームになっていることから、今後は北海道への訪問客が更に増えるとの見方を示しています。

 アジアでは日本の東京と北海道が観光地として検索数が高くなっているようですが、今後は、都市魅力だけではなく、美しい自然環境や豊かな文化に触れることができる全国各地の地域の観光に注目してもらうことが必要ですね。

(2014年8月4日)

チェック

▲このページのトップに戻る