盛岡4大麺

 盛岡は、市内から眺める風景の1つに岩手山があります。岩手山は、10月頃から翌年の7月頃まで雪があり、5月下旬でも盛岡から岩手山を見ると雪景色です。また、10〜11月は空気が乾燥して、盛岡から非常に美しい岩手山が見られます。そして、盛岡市は、住みやすい都市の5番目に位置するようで、岩手山は活火山ですが、災害の少ない都市とのことです。


morioka4.jpg そんな盛岡の名物は、わんこそば、じゃじゃ麺、盛岡冷麺の盛岡3大麺です。2013年のいわてデスティネーションキャンペーンでも、「麺くいラリー」として盛岡3大麺を目一杯PRしていました。

 しかし、盛岡にはもう1つ名物麺があり、盛岡4大麺になるようです。その1つとは盛岡ハットです。盛岡ハットとは、帽子(ハット)を反対にしたような鉄鍋で、盛岡の季節の食材(山菜など)を用いた季節限定(春・秋)・要予約のうどんのことです。古くからあるようですが、地元の人も食べたことがほとんどないそうです。

 岩手は、平泉が世界遺産になってから観光客が増え、その周りの観光地も潤っています。しかし、盛岡は、以前新幹線の終着駅のときは観光客で賑わっていましたが、青森まで開通してからは通過駅になり、観光客が減ったようです。

 震災復興に一役買う意味で、盛岡に行って、盛岡4大麺を一度食べてみては如何でしょうか?(岡村 善裕)

travel_c3.jpg

Q1: わんこそばは有名だけど、美味しいの?
A1: わんこそばは、多くの人をお腹一杯にすることでもてなしたのがことの始まりまです。そのため、次から次へと椀にそばを入れられます。そして、口頭でもういいですと言っても駄目で、椀をふたで閉めなければなりません。ふたをしても少しでもそばが残っているとまた入れられます。だから、味わいながら楽しく食べるのではなく、数を必死に競うものです。大人の場合、前日から油物やビールを断って挑んだり、子供会で子供たちがわいわいと数を競うなど、みんなでワイワイ楽しむイベントです。本気の人は、薬味をほとんど食べず汁も口にしないようにして、ひたすらそばだけを飲み込み数を稼ぐようです。個人的には苦痛な思い出しかありませんが、大食いのイベントとしては、楽しいと思います。

Q2:わんこそばは、気合いが要るんだね!盛岡冷麺はどうなの?
A2:盛岡冷麺は、スープとキムチが絶妙で、スイカが口をサッパリとしてくれます。最近は、盛岡冷麺の麺を使った温麺など新しい麺も登場しているようで、噂によると焼きそばバージョンもあるようです。私のお勧めの盛岡冷麺は、焼き肉屋で盛岡冷麺の老舗の「ぴょんぴょん舎」です。今まで何度も食べましたが、盛岡冷麺の中で一番のお勧めです。それと、花巻空港内にあるレストランの盛岡冷麺も気に入っています。

Q3: 最後に、じゃじゃ麺ってどんなもの?
IMAG0061_2.jpgA3: じゃじゃ麺は、うどんのような麺を肉味噌と和えて食べるものです。最後に少し麺を残して「チータンタン」と言って器を店の人に渡すと、生卵とスープを入れてくれますので、これをレンゲで食べます。ただし、麺を茹でるのに10分程度かかりますので、時間に余裕を持って食べに行ってください。私のお勧めは、じゃじゃ麺の発祥のお店「白龍」です。


「那覇まちま〜い」に参加してきました

 「ガイドと歩く那覇まちま〜い」という街歩きツアーに参加して来ました。沖縄那覇には既に何度か観光で来ていて主要な観光地には大抵行ったことがあり、今回は行ったことのない場所に行きたかったことと、あまり時間がなかったため短時間で見て回ることが出来ること、という2つの条件を満たす観光地を探している時に知ったものでした。

→続きを読む

世界遺産「熊野古道と熊野三山」

 お正月に熊野古道と熊野三山を巡ってきました。田辺市本宮町の熊野本宮大社と新宮市の熊野速玉大社の初詣が目的です。大阪から一路南へ向かい、和歌山県田辺市の中辺路から熊野の山々を縫って新宮まで約5時間かかります。和歌山県が観光振興の目玉にしている「熊野古道」の広報活動には力が入っており、途中立ち寄った熊野古道の案内所の情報では、“昨年は豪雨の影響で来訪者がかなり減少したものの、最近は徐々に戻りつつあり、若い方の来訪も目立っている”らしい。熊野山地の方々に、大規模な山崩れで落下した巨岩がそのまま残されていたり、河原が広く水が美しい「熊野川」に架かる鉄橋には今も枯れた流木が引っかかっているなど、すさまじい豪雨の傷跡を見ることができました。

→続きを読む

“おのぼりさん”をやってきました!

 東京スカイツリーと東京駅舎を見てきました。

 10月20日(土)、伊丹14:00発全日空機にて羽田に向かいました。座席は主翼後方の左窓際、好ポジションで快晴、これは良い眺めが堪能できるとワクワク。離陸してほどなく京都市街を真南から一望、緑深い京都御所、白く輝く賀茂川もくっきり。東山連峰を越えると、満々と青い水を蓄える琵琶湖。先日佐川美術館を訪れたときに渡った琵琶湖大橋も見える。ややしばらくすると眼下に知多半島。南知多の民宿でご馳走になった赤く茹でた大ダコの食感が甦る。今日の富士山はさぞかし綺麗だろうと、CAさんに「富士山は左窓からみえますか?」と尋ねたら、「今日のルートでは右窓からです。」とのこと、ガッカリ。ところがどっこい、左前方に見えるではないか!「富士山や」。先ほどのお嬢さんが謝りに来て「勘違いしていました。今日の富士山は格別に綺麗ですね!」。やっぱり富士は日本一の山、でした。

→続きを読む

柴山港のタグ付きブランドかに

 冬の味覚として一番人気の「松葉かに」が食べたくて、12月中旬に兵庫県北部の日本海沿岸に位置する松葉ガニの本場、柴山に行ってきました。柴山湾は入り江が内陸部の奥まで入り込む形状が穏やかな環境を造り上げ、昔から避難港としても有名です。また、この天然の良港である柴山港は、松葉かにの日本一の水揚げ漁港として昔から知られており、ここで水揚げされる新鮮で美味しい松葉かにと柴山温泉が楽しみな旅でした。

→続きを読む

サンフランシスコの今

 11月中旬にサンフランシスコに行ってきました。スターバックスのコーヒー(スモール)が1.5USドル(約120円)! しかし日本の店舗のような高級感は無く、テイクアウトする人が大半でした。バーガーキングも利用しましたが、待っている客がいてもお構いなしで常連客とおしゃべりしながら、マイペースで接客しています。小さなスーパーのレジ店員も決して愛想がいいとは言えず、日本の接客水準の高さを改めて実感しました。ただし、昔聞いたようなお釣りを計算するのに時間がかかるというようなことはなく、レジに表示された釣銭をすぐに渡されました。

→続きを読む

山形そば

 山形のそばは、以前は全国的にも美味しいと言われて来ましたが、県内消費だけにとどまっていました。一般的には そば と言えば“信州そば”が有名で、長年の間一部のそば党の人達から、“こんなに美味しいのに山形の皆さんは宣伝が下手だ”と言われていたようです。

→続きを読む

山形城(霞城公園)

 山形までは、東京からJR新幹線「つばさ」で約3時間の旅です。福島駅まではJR新幹線「やまびこ」と連結して新幹線らしく走りますが、福島駅から先は在来線と同じ線路を走ります。これはミニ新幹線方式によるものですが、たまに動物と衝突して遅延を起こすようです。

→続きを読む

歴史街道 丹後100qウルトラマラソン

京都府京丹後市で開催された「歴史街道丹後100qウルトラマラソン(以後、丹後ウルトラマラソン)」に出場してきました。各地でスポーツイベントが開催されていますが、最近のランニングブームにより、特にマラソンは参加者が増加傾向にあり、ブームに乗って、町おこし、村おこし、地域ブランドの向上などの目的で、新しいマラソンイベントが各地で開催されるようになっています。今年で12年目の丹後ウルトラマラソンも、このところ毎年数百人単位で参加人数が増加してきており、今年は100qの部で約2000人、60qで約1000人ものランナーがエントリーをしています。

→続きを読む

名湯と大自然「伊香保温泉と榛名山・榛名湖」

 7月に群馬県の有名な温泉地「伊香保温泉」に行ってきました。東京上野からJR特急で渋川まで約1時間40分、伊香保温泉バスターミナルまでは頻繁にバスが運行しています。バスと自家用車は指定の駐車場まで来て、そこから宿泊旅館の送迎車を利用するシステムになっていました。多くのお客様をスムーズに捌くための知恵ですね。

→続きを読む

「名物を作る」ということ 〜かごしま黒豚〜

先日、Peachに乗って鹿児島に行ってきました。鹿児島の街を歩いて目についたのは“黒豚”の文字です。黒豚トンカツ、黒豚生姜焼きは当然のこととして、黒豚ラーメン、黒豚ギョウザ、黒豚カレー、黒豚うどん、みそも黒豚入り。至る所に“黒豚”の2文字が踊っています。


→続きを読む
▲このページのトップに戻る