産業関連ビジネス


産業観光ビジネス

農業体験ビジネス

林業体験ビジネス

漁業体験ビジネス


 産業観光は、当初わが国では技術観光とよばれ、商用客の産業視察や産業見本市の視察など技術目的に実施されていました。高度経済成長時代、訪問者が一般客・観光客に広がり、目的も企業イメージ向上、製品に対する信頼性向上、PRなど、多様化しました。

  また、対象も工場主体から伝統産業や産業遺産施設、農業林業漁業など一次産業、コンテンツ産業など先進的な産業へと拡大し、産業観光と呼ばれるようになりました。   

 観光の内容は、“遊ぶ”“観る”から“知る”“学ぶ”へ、さらに“参加する”“体験する”ことにより深く知的満足を求める傾向にあります。

 観光客にとって産業観光は、我が国のモノ作りの心である精緻性、芸術性に触れることができ、農業、林業、漁業での作業を通じた地域での生活体験は地域の産業・文化を学ぶとともに現地の人との交流ができるという魅力があります。

特に外国人観光客にとって日本のアイデンティティーを反映する産業を活用した産業観光は魅力的なものとして映ります。地方自治体では地域活性化の一つの手段として産業観光への取り組みが全国的に活発化しています。

▲このページのトップに戻る