サービス土産ビジネス

  

基本情報(2011年版「観光ビジネス未来白書」より)

 「サービス土産」とは、顧客である観光客が求めているお土産は、お菓子やキーホルダーといった目に見える商品そのものではなく、その地域の思い出や、「お土産を渡す相手」に対する真心や気持ち等の目に見えない無形の「サービス」が本質であるとの発想から、観光ビジネス研究会にて作成した概念です。
また、ホスピタリティ(おもてなしの心)を醸成するなど、サービス品質を向上させることも必要です。お土産は本書で述べているような裾野の広い観光ビジネス分野のどの分野とも結びつく可能性があり、従業員に対するサービスにかかわる教育や他事業者との連携(コラボレーション)などにより、サービス品質を向上させることが、今後の鍵を握ってくるでしょう。
 つまり、「サービス土産」とホスピタリティ(おもてなしの心)に代表される「サービス品質向上」の両面を重視したビジネスが「サービス土産ビジネス」と位置付けられます。

 実際に展開されている「サービス土産」の最近の具体例として、「見る」だけの観光ではなく「体験型」の観光を活用し、単にお土産を購入するだけではなく、実際に自分オリジナルのお土産を作る「体験型」(農産物の収穫体験、和菓子づくり体験、友禅染体験、陶器の絵付け体験など)のお土産も増えています。また、飲食物やモノだけではなく、写真やデジカメで撮影した動画、思い出(お土産)話、海外への土産として折り鶴を贈ることも、「サービス土産」といえましょう。
 このようなサービスの仕組みを活用することで、飲食物やモノの販売に留まらず、お土産を渡す相手に対し、相手の満足を超えて感動を与えるようなサービスが提供できます。

新着情報

おすすめ予約情報

 

「日本酒発祥の地・三輪」酒蔵見学サービス

奈良県桜井市にある今西酒造株式会社では、現在、予約制で酒蔵見学サービスを実施されています。

「日本酒発祥の地」である三輪で、普段は見ることの出来ない、実際に酒造りを行っている築約150年の蔵の中へとご案内いただけます。近代化された酒工房の様子や、建築当時からそのままに残る日本建築【蔵】の素晴らしさをごらんいただけます。

※毎年11月から3月ごろまでは醸造期間中のため、昼からの見学のみとなります。
  (PM1:00〜PM4:00)

※蔵見学は4名様以上で受付可。
  (3名様以下の場合は時期により応相談。お問い合わせ下さいませ。)

蔵見学にはご予約が必要です。詳細はお電話にてお尋ねください。
Tel:0744-42-6022(蔵見学担当まで)

今西酒造株式会社
奈良県桜井市大字三輪510番地
地図http://www.begin.or.jp/imanishi/access.html

(2012/2/23)

平安装束の着付け体験で京都の思い出づくり。

京都の平安装束体験所では平安時代の十二単などの衣装が体験できます。

十二単をはじめ、小袿、袿などの装束の中から衣装を選び、着付け、平安時代の貴族の雰囲気をかもしだすメークも体験できます。直衣、狩衣などの男性装束、子供用装束もあります。体験時間は2時間から3時間です。ホームページには写真がたくさんアップされていますので、ホームページを覗くだけでもタイムスリップした気分が味わえます。

平安装束体験所 京都市中京区二条通高倉西入
TEL:075−255−1028

2011.05.28

中野うどん学校

お土産として本場さぬき(讃岐)の手打ちうどんの作りかたを、プロの職人が、粉を練るところから始まって麺棒でのばし、茹でて食べるまで、40分〜60分で伝授してもらえます。作った後は試食!自分で作って食べるうどんの味は格別です。

中野うどん学校(香川県)

スーパーギフト専科

旅行そのものを贈るカタログギフトも、サービス土産ビジネスの1つです。お土産の贈り先の方が、旅行カタログの中からお土産を選択することができます。

スーパーギフト専科

▲このページのトップに戻る