ビジネスホテルビジネス

 

基本情報(2011年版「観光ビジネス未来白書」より)

 ビジネスホテルは駅前などの利便性のよい場所に位置し、宿泊に特化した安価な価格設定の宿泊施設です。シティホテルが有する会議施設やレストラン等の設備をもたず、宿泊する機能に特化することでシティホテルにはできない低コスト運営を実現しています。

 ビジネス目的の出張者が主な利用者であるため、休日より平日が繁忙するのも特徴です。ビジネスホテルは利用者からの支持を受け、他の宿泊施設の顧客を取り込んで日本全国に拡大してきました。軒数の増加によってビジネスホテル同士の競争が激しくなり、ホテルごとに様々なサービスが用意され差別化が進みました。

 主な顧客となるのは出張者ですが、企業は不景気によって出張回数の削減や出張費用の見直しに努めています。また、宿泊料金は出張旅費を基準に設定されていますが、経費削減の一環から宿泊費の定額制を実費精算に切り替える企業も増えています。このような企業の動向が、ビジネスホテル業界を厳しい状況にしています。

新着情報

 

鉄道博物館入場券付宿泊プラン

三井ガーデンホテル蒲田(東京都大田区)は、10日に開業した原鉄道模型博物館(横浜市)の入場券が付いた宿泊プラン「世界最大級!横浜「原鉄道模型博物館入場券付プラン」を発売しました。
料金は素泊まりのシングルルーム利用で一人6500円〜で、発売期間は12月31日までです。
原鉄道模型博物館には世界最大級のジオラマなど気象な模型コレクションが展示されており、鉄道ファンらの人気を集めています。

宿泊関連ビジネス>ビジネスホテルビジネス

(2012/07/17)

ビジネスホテル新規開業減少

ビジネスホテルの新規開業数が減少しています。日本経済新聞社が全国チェーン主要15社を対象に調べたところ、2012年度に新規オープンするのは前年度比1割減の31ホテルのみで、5年前の4分の1の水準にとどまります。リーマンショック以降の景気低迷を背景に各社は新規展開にブレーキをかける一方で、既存ホテルのテコ入れに動いています。

日経新聞より

宿泊関連ビジネスビジネスホテルビジネス

(2012/04/20)

おすすめ予約情報

 
▲このページのトップに戻る