ユースホステルビジネス

 

基本情報(2011年版「観光ビジネス未来白書」より)

 ユースホステル(以降YH)はドイツ発祥の簡易宿泊施設です。「青少年が安全に楽しく、しかも経済的に有意義な旅が出来るように」という精神により作られた世界的な「旅の宿」ネットワークで、全世界に約4000件、日本では約260件の施設があります。日本においても安価な料金設定は若者に旅の機会を与えることに貢献し、YHを利用して旅を始めた若者は少なくありません。

 YHであればどの宿でも基本的なルールは同じですが、宿のオーナー(ペアレント)の個性や設備の違いなど、宿ごとに特徴を持っています。料金は一泊二食付で約5000円程度、素泊まりや一食のみの選択も可能です。また、当日の予約にも対応できる柔軟さがあります。寝室は主に男女別の相部屋で、風呂やトイレは共同です。

 昔はミーティングへの全員参加や飲酒禁止など、いくつかのルールがありましたが、時代の変化と共に現在ではそのほとんどがなくなっています。現在のYHは宿泊者の年齢層も幅が広くなり、飲酒もできるようになっています。

 1970年代にピークを迎えたYHも、その後は競合する宿泊施設や、消費者の嗜好の変化に対応しきれず、施設数や利用者の減少に歯止めがかからず、減少の一途を辿っています。

新着情報

 

おすすめ予約情報

 
▲このページのトップに戻る