客船ビジネス

kyakusen1.jpg

基本情報(2011年版「観光ビジネス未来白書」より)

 米欧を中心として世界でクルーズを楽しむ利用者は2,000万人余りとなり、5兆円産業に成長しています。わが国も1989年にクルーズ客船が誕生したことから、クルーズ元年とも呼ばれ、一つの産業として徐々に環境が整ってきました。

 但し、ここ数年伸びていた邦人クルーズ人口は、20089月に起きたリーマンショック後の景気低迷、新型インフルエンザの世界的流行、「にっぽん丸」の大改装に伴う長期ドック入りといったマイナス要因の影響により、2009年には約16.3万人と対前年比約14.0%減少という過去20年間では3番目の大きな落ち込みとなりました。

 内訳は外航が約7.8万人(前年比約24.0%減)、国内約8.5万人(前年比2.2%減)となっており、外航クルーズの減少幅に比べ、国内クルーズはわずかな減少にとどまり、景気低迷の波を比較的受けずに安定推移しました。

 目的別では、レジャー目的が圧倒的に占め(外航94%、国内92%)、泊別数では、外航は4〜13泊が全体の約49%と前年(約42%)から大きく伸び、それに比例して平均泊数も約10.4泊と前年(約9.3泊)より長期化の傾向になりました。一方で、国内は13泊といった日本人らしい短期の船旅が約78%(前年は77%)を占め、平均泊数に大きな変化はありませんでした。

 徐々に身近なものになりつつあるクルーズに対して、わが国でも多くの旅行会社が専門の販売体制を構築し始めています。例えば、クルーズについてより正しい知識を持つクルーズアドバイザーという資格を取得した専門家が旅行者に有益なアドバイスを提供し、利用の拡大を図っています。

新着情報

 

2012年夏 神戸港に大型客船 ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 

2012年7月、大型客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が神戸港にやってきます。
これまで神戸港に入港したクルーズ船の中で最も大きな客船となります。
ボイジャー・オブ・ザ・シーズは5000人が乗船でき、アイススケートリンクやバスケットコート、ウォータースライダー付のプールなど、船の上とは思えない多彩な施設が整っています。
神戸港への入港予定日は7月9日、7月23日、8月6日、8月20日です。
くわしくは神戸市ホームページをご覧ください(こちらをクリック)。

運送関連ビジネス客船ビジネス

(2012/04/28)

上海−長崎を結ぶ客船オーシャンローズに免税品売り場

ラオックスは長崎と上海を結ぶ客船「オーシャンローズ」に免税品売り場を展開します。
免税品店の広さは約360u、オーシャンローズの5階部分に設置します。
日本を訪れる中国人観光客向けにブランド品や高級腕時計を販売するほか、中国から帰ってくる日本人向けにも中国茶葉などをそろえます。(日経MJより)

(2012/02/20)

 

東京ゲートブリッジ 恐竜橋 クルージング

東京ゲートブリッジが2月12日に開通しました。
東京湾クルージングを就航しているクルージング各社はゲートブリッジをくぐる特別クリージングを販売しています。

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー
東京ゲートブリッジ開通記念 ランチクルーズ 4000円
2月12日(日)〜29日(水)の毎日  11:50〜14:00

東京ヴァンテアンクルーズ
東京ゲートブリッジ開通記念 特別トワイライトクルース 大人5,500円
2月23日(木)〜3月29日(木) 15:00〜18:00

(2012/02/17)

 

長崎と上海を結ぶ「オーシャンローズ」2月29日より運航開始

ハウステンボスのクルーズ船運航子会社HTBクルーズは、2月29日から長崎港と中国・上海港を結ぶ「上海航路」の運航を開始し、インターネットで予約の受付を始めています。客船の名前は「オーシャンローズ」。料金は大人片道で通常9800円。出発14日前までの早期購入割引だと7800円です。このほかに燃油サーチャージ1800円と国際港湾利用料金3600円の計5400円も必要です。

(2012/01/15)

▲このページのトップに戻る